前へ
次へ

労働相談をするときの場所とは

労働相談を相談するところと言いますと労働基準監督署です。
労働問題といえばまずはこの組織を思い浮かべることでしょう。
労働基準監督署というのは厚生労働省が管轄しています。
企業への立ち入り調査もできますし、場合によっては逮捕する権限すら持つ行政機関としてかなり強いところでもらいます。
強い権限を持っているのは間違いないのですがすべての労働相談に対して権限を持っているというわけではなく、具体的には労働基準法に違反している労働問題のみを受け付けています。
不払い賃金とか長時間労働、職場における安全配慮の欠如といったようなことです。
ですから例えば残業の未払賃金に関することは受け付けているということになりますが残業自体に関することは法律の適用内であればほとんど問題ないと言われてしまうわけです。
では残業を強制される状態にあるとかそういうものを相談したいのであればどこにするのかとなるわけですが、法律事務所などに相談をするとよいでしょう。

Page Top