前へ
次へ

プライベートな干渉も労働相談にあります

企業で気をつけたいのは男性だけではなく女性の扱いにあり、使っている言葉なども昔と違って人権を考えた言葉を発する必要があります。
労働相談でもあるのは上司にプライベートなことを聞かれたという相談もあり、これは現代社会ではモラルを考えて発言しなくてはいけない案件です。
例えば軽い気持ちで女性社員に対して、普段は何をしているとか彼氏がいるかどうかを聞いたり、その彼氏が何の仕事をしているのか聞くことすらプライベートの干渉になり問題となります。
結婚の予定があるかどうかはプライバシーの侵害ということから、理解をしている人も多いですが、プライベートなことをあれこれ聞くこともタブーとなっているのも今の社会では当たり前です。
これらのことを理解していない人がいると、仕事を辞めてしまう恐れもあり労働相談でも多くの人が話をする案件になっています。
現実問題として気軽に話すことができる人間関係を得るには、社会生活の中でも難しくなっていることがわかります。

Page Top